teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


第15回四国地方会

 投稿者:minoru  投稿日:2014年 6月15日(日)22時34分58秒
返信・引用
  第15回アドラー心理学会四国地方会、無事開催しました。
サッカー中継にも関わらず、40名近くの方に参加していただきました。
今回は、アドラー心理学に基づく子育てと自閉症への教育支援のお話をしていただきました。
今回は香川県が当番でしたが、何とか次の高知県にバトンを渡すことができてホッとしています。
 
 
 

自助グループ

 投稿者:minoru  投稿日:2014年 4月28日(月)08時07分44秒
返信・引用
  今日は自助グループの日でした。
うれしかったのは、去年学校に行けなかった子どもさんが今は生き生きとして登校できるようになり、お母さんも生き生きとしたお顔だったこと。
終了後、三矢堂で飲み会。飲み放題で4千円。
私は、生ビール5杯、焼酎湯割り2杯、カクテル2杯と余裕で元を取りました。
料理もいっぱいでて、みんな満足でした。
 

高知に行ってきました。

 投稿者:minoru  投稿日:2014年 4月20日(日)22時19分1秒
返信・引用
   長い間更新をサボってしまい、申し訳ありません。

 今日は高知のアドラーの勉強会に参加しました。
朝早めに出発し、高知の日曜市で1時間ショッピング。
結局買ったのはいつものものばかりで、魚の干物、漢方薬の野草、もち、野菜の苗など。
お土産はひろめ市場でカツオのタタキ。
勉強会では、中島先生にカウンセリングをしていただきました。
疲れたけど、充実した1日でした。

写真は、背中を丸めて威嚇するくうちゃんとタワーの上で眠そうなくうちゃん。
 

3月の自助グループ

 投稿者:minoru  投稿日:2014年 3月19日(水)22時05分59秒
返信・引用
  最近、なまけ癖がついて書き込みを怠って申し訳ありません。
今月ももうすぐ自助グループです。
今月は、先日参加した野田先生の瞑想ワークの感想、MIHOさんによるカラーセラピー、パセージプラスのエピソード分析など盛りだくさんの内容です。
よろしくお願いします。
3月23日(日)午後2時~4時半 高松市男女共同参画センター です。
 

今月の自助グループ

 投稿者:minoru  投稿日:2014年 2月23日(日)19時00分46秒
返信・引用
  自助グループでした。

 久しぶりにお天気に恵まれ、11名の参加がありました。
 来月に半分とっておきたいような人数。
 話題もいっぱい提供していただき、あっという間に閉館の5時が来てしまいました。
 いろんな意見がでるなかで、パセージのテキストを頼りに勧めました。
 無事勇気づけができていたらうれしいです。
 それにしても、なぜか中二の子どもの親が多いなあ。
 思春期の子どもへも5つのタブー
1 友達関係に口を出さない
2 異性  〃
3 熱中していることを止めない
4 プライドを傷つけない
5 心の中を覗かない
 子どもとの関係でそれが大事だなあと思う日でした。
 

Re: パセージプラス@鳴門

 投稿者:minoru  投稿日:2014年 2月12日(水)20時36分6秒
返信・引用
  > No.1248[元記事へ]

kadoさんへのお返事です。

> 京都行きがボツになりそうなので、参加できそうです。
> 楽しみにしています。

 そうですか。京都残念ですねえ。
 でもこれも時期というのがあるのかも知れませんね。
 昨日、車中でyamaさんと話したのですが、配偶者との付き合い方は大きな課題ですね。

 まずはパセージの実践からご一緒に学びましょう。
 

Re: パセージプラス@鳴門

 投稿者:kado  投稿日:2014年 2月12日(水)19時42分29秒
返信・引用
  minoruさんへのお返事です。

>   まずは次の自助グループで。

京都行きがボツになりそうなので、参加できそうです。
楽しみにしています。

僕もパセージが終わりましたが、本当に楽しく、ためになりました。
アドラー心理学、福森さん、そしてパセージのリーダや仲間との出会いに感謝です!
 

パセージプラス@鳴門

 投稿者:minoru  投稿日:2014年 2月11日(火)21時44分38秒
返信・引用
  パセージ・プラス@鳴門

 今日は最終日でした。
 アドラー心理学の新しい知識を学びました。
 それを日々のどんな場面でどう活かすかは、まだよくわかりません。
 まずは、自己理解(自分はタスクに対してどう言う風に考えがちか)とアドレリアンの目指す人間関係(相互尊敬、相互信頼、協力、目標の一致)がぼんやりと・・・・これを咀嚼するのは大変だぞ。

 まずは次の自助グループで。
 

自助グループ@髙松の会

 投稿者:minoru  投稿日:2014年 1月19日(日)21時02分24秒
返信・引用
  自助グループ

 昨日は今年初の自助グループでした。
 6人の方が参加してくれました。
 前半は、あるお母さんの最近困ったお話をお聞きし、みんなで点検。
 配偶者がアドラー育児を理解ししてくれない・・・・
 よくあるんだよね~
 まずは、自分が実践してから様子をみたらどうだろう・・・・ということで、次回が楽しみ。

 後半は、パセージプラスの紹介で、ある方からエピソードをいただき、対処行動、ライフタスク、仮想的目標を点検してみました。
 時間が足りなかったけど、みなさんアドラー心理学の理論部分にふれて「面白かった~」と言ってくれてうれしかったです。

 写真は、今日買った「遠赤暖マット」がお気に入りのくうちゃん。
 

新年おめでとうございます。

 投稿者:minoru  投稿日:2014年 1月 2日(木)18時39分2秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨日は近所の兄貴の家で昼間から宴会、14人でお腹がよじれるほど笑いました。
お蔭で、今日は朝からお腹の調子がよくなくて、朝からおかゆを食べています。
それでも、東京から来た姉夫婦を案内して宇多津の「おか泉」へ。
11時に着いた時点で50mほどの行列。1時間半並んでぶっかけうどんを頂く。
みなさん、文句も言わず楽しそうに一歩ずつ前に進めながら待っていました。
いま、NHKで「フルタ家の不思議なTV」で昭和21年の神戸の闇市でも行儀よく並んで順番を待っている当時の日本人の姿が映っていた。
日本人っていいなあ。
それに関連して、「ねずさんのひとりごと」でこんなことを書いていた。

アフリカからの留学生を受け入れた方が、日本が良い、日本にずっといたい、日本から帰りたくないと学生さんたちがおっしゃられていたのだそうです。ところが聞けば、そのアフリカの学生さんは、祖国に帰ればプール付きの豪邸に住んでいるような大金持ちです。日本では、小さな、それこそマッチ箱のようなところでホームステイしているだけなのに、それでも帰りたくない。なぜかといえば、アフリカに帰れば、それはもう大金持ちだし、屋敷(御殿)の中は安全だし、贅沢三昧できるけれど、一歩屋敷の外に出れば、そこは貧困と暴力がひしめく危険地帯なのです。

 ところが日本では、なるほど屋敷(アパート)の室内は狭いけれど、日本中、どこでも自分の御殿の庭先のように安全に歩けるし、欲しいもの、必要なものは、コンビニに行けばなんでも手に入り、ちょっと電車で足を伸ばせば、巨大な繁華街が待っている。まるで日本全体が、巨大な宮殿の中のようなものであり、だからこんな楽しくて安全で快適なところから、絶対に離れたくないし、帰りたくない。

野田先生の補正項より
> よく外国に行くので、この感じはわかる。日本はいい国だ。昔もよかったし、今もいいし、これからもいいだろう。日本人がすべきことはまったくシンプルで、ただ過去と現在と未来の国を愛すればそれでいいのだ。そうすればこの国はよくなるし、人々は幸福になる。これも答はきわめて簡単だ。あまりに簡単なので、人々が信じてくれない。そうしてなんだか複雑怪奇なことをしようとする。そんなことをしても幸福になれないよ。ただみんなが国を愛し、子どもたちに国を愛するように教え、先人を敬い、神々を信じて、そうして暮らしていけば、自然にすべてがよくなる。

今年も日本を愛して暮らそう。
 

パセージ・プラス

 投稿者:minoru  投稿日:2013年12月23日(月)19時37分39秒
返信・引用
   昨日に引き続き徳島でアドラー心理学のお勉強。

 あるエピソードを基に、自分がとった対処行動から、ライフタスクと仮想的目標を探すワークをしました。
 そうすると自分が使っているライフスタイルが見えてくるというのだが本当かな?
 今日のワークでは、「私が失敗しても人々は許すべきだ。」という信念が見えてきた。
 おおっ、3人兄姉の末子らしいではないか。
 年末年始、家にいる時間が長いし、家族とのコミュニケーションの対処行動に注目してみよう。
 

徳島パセージ

 投稿者:minoru  投稿日:2013年12月22日(日)21時48分2秒
返信・引用
  徳島でパセージ

 今日は朝8時出発で、男3人車を乗り合わせて、徳島へ。
 他に2名の方が香川から参加している。
 少しずつだが、香川でアドラー心理学を学ぶ人が増えてうれしい限りである。

 会場は徳島市郊外にある子どもクリニックの待合室だ。
 1900年代、アドラーもウィーンでこんな風に病院の待合室でグループセラピーをしていたのだろう。
 参加者は13名でほぼフルメンバー。
 今回もとてもユニークなメンバーさんが揃っていて、今後の展開に目が離せない。
 都合がつく限り参加したいと思う。

 明日は鳴門でパセージプラス。
 文句の一つなく行かせてくれる家族に感謝。
 

自助グループでした。

 投稿者:minoru  投稿日:2013年12月14日(土)22時17分19秒
返信・引用 編集済
  今日は8人の方が来てくれました。
 初めての方も2名来て下さり、とってもフレッシュな会となりました。
 「子育ての不安、来てとっても勇気が湧いてきました。よかった。」と言っていただき感激。
 その後待望(私だけ?)の忘年会へ。
 場所は、幹事の特権を利用し、息子が働いている居酒屋でした。
 みんなさん曰はく「お父さんに似合わずイケメンじゃない。」
 素直に喜ぶ父でした。
 楽しかったなあ。
 1月は18日(土)の予定です。
 

アドラー心理学特殊講義

 投稿者:minoru  投稿日:2013年12月 8日(日)20時30分31秒
返信・引用 編集済
   昨日、今日と倉敷であったアドラー心理学特殊講義「カウンセリング」を受講してきました。
 実習では、奥様との葛藤のエピソードを分析していただきました。
 まだフンワリした感じなのですが、お土産を買って帰り、明日は地元である田舎のコンサートに一緒に行くことになりました。これは夫婦にとって大きな前進なのでした。
 「競合的目標」から「協力的な目標」へ。
 浮世離れした生き方(野田先生)を学んできました。

 一日会わないとくうちゃんは増々可愛くなっていました。
 

自助グループでした。

 投稿者:minoru  投稿日:2013年12月 1日(日)21時36分28秒
返信・引用
   今日は宇多津での自助グループ。
前回同様3人だけで、濃厚なアドラー心理学の時間を過ごしました。
幼児から大人までアドラー心理学の適用範囲は尽きません。
あっという間に3時間半が過ぎてしまいました。

 来週の土日は倉敷出野田先生の特殊講義、再来週は高松の自助グループ、その次の日曜日は徳島でパセージプラス。
 アドラー三昧、困ったもんですな。
 

11月の自助グループ

 投稿者:minoru  投稿日:2013年11月25日(月)18時12分23秒
返信・引用
    11月10日(日)、宇多津の会を再開しました。
 約一年ぶりの塩飽学生寮、場所を提供してくれているメンバーさんのお人柄からかとっても温かい雰囲気でした。
 やっぱり落ち着くなあ。
 初参加のお母さんが観音寺から駆けつけてくださいました。
 子どもがおやつを欲しがることについて、子どもが不適切な行動をする理由をパセージのテキストで点検してみました。
 すっかり腑に落ちられたようで、また次回も参加してくださるそうです。

 11月23日(土)、これまた久しぶりに高松の会でした。
 4名の参加でなごやかにアドラー談義にあっという間に閉館の時間になっていまいました。
 やっぱり、自助グループはいいなあ。
 継続こそはちからなり、改めて肝に銘じました。

 12月、1月は野田先生の講座や徳島のパセージプラスがあり、自助グループの日程が変ります。
 宇多津の会が12月1日(日)14:00~16:30、高松の会が12月14日(土)14:00~16:30です。高松の会は17:00から忘年会もあります。
 みなさん、ご参加ください。
 

琵琶湖のいっこさんの楽育ワーク

 投稿者:minoru  投稿日:2013年11月 5日(火)20時43分42秒
返信・引用
   二日間いっこさん&そのお仲間さんと過ごし、たくさんの勇気づけオーラをもらってきました。
 今回の出会で私的に非常にうれしかったのは、参加者の男の先生方から「福ちゃんのような紳士的な保守派の意見なら、聞く気になりました。驚きの出会いでした。」と言ってくれたことです。よかった。
 あと、広島から三重までの参加メンバーさん(30~50代のお母さん)と仲良くなれてラッキー。
 この成果、明日につなげるよう思案中。
 

日本アドラー心理学会第30回総会

 投稿者:minoru  投稿日:2013年10月22日(火)22時01分55秒
返信・引用
   先週の金土日曜日と京都であった日本アドラー心理学会第30回総会に参加してきました。
 感動的な総会でした。
 講座で習った理論、パセージで使っている技法が、医療現場、学校教育、家庭育児、障害児教育で大変な成果をあげていることを目の当たりにして、正に驚きの連続でした。
 そしてそれは、日々の学習にとって大変勇気をいただきました。やっぱ間違いはなかった。
 総会で受けた感動を、少しでも当日来れなかった地方の仲間に伝える。それが今の私の仕事かなと思いました。
 

野田先生講演会@徳島

 投稿者:minoru  投稿日:2013年10月15日(火)13時31分49秒
返信・引用
  野田俊作先生講演会@徳島

 子どもにどう学んでもらうか「しなければいけないこと」「してはいけないこと」

 11月2日(土)です。
 今回も興味深い講演ですね。
 香川から一緒に行きませんか?
 アドラーギルドHPの行事予定を参照してください。
 http://adler.cside.com/
 

野田先生講演会@岡山2

 投稿者:minoru  投稿日:2013年10月 1日(火)21時26分11秒
返信・引用
  「うちの子、全然やる気がないのですが・・・」

 野田先生の講演会での質疑より

 人間って、本当はみんなやる気があるんです。だっていろんなものに好奇心をもっていないと食べていけないでしょう?
 あんまり好奇心のなさそうな生物、たとえば「なまこ」。あれって、泥を食べて生きている。好奇心を持たなくても困らない。
 子どもも、困るとやる気がでるんじゃない。
(私の記憶であり、野田先生のお話しの真意じゃないかも知れません。)

 爆睡中のクーちゃん なまこよりはやる気があるなあ。
 

レンタル掲示板
/46