teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


11月

 投稿者:幽々子  投稿日:2011年11月 3日(木)10時43分25秒
  夏の疲れが今ごろ・・(´・ω・`)

ここの住人の方たちは
お元気なのかしらん
 
 

長雨です

 投稿者:幽々子  投稿日:2011年10月22日(土)09時29分33秒
  おひさしぶりです。
秋の長雨にほとほと退屈して出てまいりました。

ここ、ホッとしますね・・・

また来させて。迷惑だろうけど <無視されてることで気づけっての!
 

連投すみません

 投稿者:幽々子  投稿日:2011年 5月17日(火)16時08分29秒
  おひまなときに  一つ削除なさっておいて下さいまし  

冥きより

 投稿者:西行寺幽々子  投稿日:2011年 5月17日(火)15時55分1秒
  冥きより冥き道にぞ入りぬべき 遥かに照らせ山の端の月…

和泉式部でしたっけか。
迷いでて参りました。
お導きください…
 

冥きより

 投稿者:西行寺幽々子  投稿日:2011年 5月17日(火)15時52分57秒
  冥きより冥き道にぞ入りぬべき遥かに照らせ山の端の月…

和泉式部でしたっけ。
迷いでて参りました。
お導きください…
 

聖書より

 投稿者:onesimo  投稿日:2011年 2月10日(木)00時30分46秒
  たとえ、千年の長寿を二度繰り返したとしても、

幸福でなかったなら、何になろう。 コヘレト6:6

http://blog.goo.ne.jp/kagayakuegao/e/3bda727a2bc2c2a82072507ca852cfde

 

あの坂をのぼれば

 投稿者:  投稿日:2010年 7月23日(金)00時09分31秒
  こんにちは。

こちらも、文化とは無縁の実務漬けで、どうしたものかと・・・。

そういえば、中学くらいの頃、杉みき子さんという詩人の「あの坂をのぼれば」という詩を読んで、それ以来、「あの坂をのぼれば海が見える」というフレーズを、何度も繰り返してきたことを思い出しました。


後年になって、そんな坂道を実際にのぼると、何キロも先にある海岸線に、波が打ち返しているのが見えた。太陽の下で白く輝いているように見えた・・・多分、記憶の中で再構成された風景なんだろうけど、坂をのぼれば海が見えることを信じられるようになったかもしれない・・・。
 

もうひとつのことばで

 投稿者:aya  投稿日:2010年 2月19日(金)23時48分4秒
  ごぶさたです。
ぽえむ、ぜひ読ませてください。きかせてください。言語脳じゃない、私のあたまのどこかに送って下さい。
業務で、今日も一日、事業仕分や事業評価やってまして…あたまの一部分でしか話してないような日中を過ごしてますと…
ふと、ねむっている感覚をさがしてしまいます。そんなこんなで今日も立ち寄らせていただいたわけなんですが。
 

ぽえむ

 投稿者:  投稿日:2010年 2月12日(金)21時05分4秒
  だいぶ前、ぽえむが思い浮かんだので2,3書いてみて、
あとから見返すと、なんだか紋切り型だらけな表現だった・・・。

「現実の表面」にどれだけ近くにいるか、というかどれだけ親しいか。
あるいは、現実からロゴスが組織される瞬間に立ち会えるかどうか・・・。

実務的な本ばかり読んでると、古典などが読みたくなる。
今はニーチェを読み直している。
「悲劇の誕生」は、ロジカルな点では分かりやすい内容だった。
賢い人のやり方で、賢い人のやり方を批判するという図式はどうしたものか。
超人の物語では、その問題をどう解決するか。
 

文化

 投稿者:  投稿日:2009年 9月10日(木)16時52分47秒
  もうちょっと文化的でありたい、と一日に何度か考えることがあります。たまに新聞で考古学なんかの記事を見ると、現代人が振り回される景気変動などとはまったく別の時間が流れていることを感じてちょっと新鮮な気分になります。

どちらが良いかはいうまでもありませんが・・・
 

レンタル掲示板
/11